バストアップ効果を期待するプエラリア

プエラリアを摂取しすぎると乳がんの原因に!?

プエラリアを摂取すると、女性ホルモンの分泌が活発になるため、プエラリアでエストロゲンの分泌が過剰にされてしまう恐れがあります。女性らしい身体のラインを作りだすことが出来るエストロゲンは、胸を豊かにしてくれ、丸みのあるボディラインに近づけることができます。

しかしプエラリアは大豆イソフラボンの約四十倍の効果があると言われているため、適正量を守らなければ、エストロゲンが過剰に分泌され、乳がんなどの婦人系のがんになりやすくなるので注意が必要なのです。またエストロゲンが増えていくと、頭痛や吐き気、女性器からの不正出血、肌荒れなどの症状が出てきます。もともと乳腺や子宮に大きな関わりのあるホルモンでもあるため、プエラリアを過剰摂取しないように注意する必要があるのです。

体内のエストロゲン量が少なく鳴り過ぎても、身体に悪い影響があります。肌の水分量が減り、コラーゲンを造り出す力もなくなってしまうため、乾燥肌になってしまったり、張りのない肌になってしまいます。また髪が脱毛したり、髪が細くなったりと、エストロゲン不足は女性の老化を強めてしまいます。

エストロゲンは過剰すぎても少なく過ぎても、女性の身体に問題を起してします。常に適正量を保ち続けていかなければなりません。プエラリアを過剰に摂取しないようにするためには、説明書に書かれている一日の適正量を必ず守るようにすることです。また初めて服用する場合は、少量から始めてみることです。副作用など身体の異変が起きないかどうかを確かめながら、上手にプエラリアを活用していくとよいでしょう。 また、こちらのプエラリアを摂取すべき年齢についても参考にご覧ください。